MY MINORITY

不器用ですが暇つぶしになれば。ちょっと情緒不安定な東大生

九州観光Part1 太宰府天満宮・九州国立博物館

夏休みに九州に行ってきたので、その時の話でも。

まずは、太宰府天満宮へ。

f:id:mimosapudicaseeds:20181011054950j:plain

太宰府名物の梅ヶ枝餅。梅が苦手なので食べなかったが、梅は入っていないことを後で知った。相変わらず、下調べが適当すぎる。

 

f:id:mimosapudicaseeds:20181011055747j:plain奥にみえるのが太宰府天満宮の本殿。翌日に前期の成績発表を控えていたので、しっかりお祈りしておいた。後期は、一発目の授業から遅刻したものの、努力しようとはしているので、神様も応援してくれているはず。

 

f:id:mimosapudicaseeds:20181011060500j:plainかの有名な飛梅

 

続いて、太宰府天満宮のすぐ近くにある九州国立博物館へ。

f:id:mimosapudicaseeds:20181011061416j:plain

f:id:mimosapudicaseeds:20181011061438j:plain

常設展示は4階だけと聞いていたので、すぐに見終わってしまったらどうしようかと思っていたが、見どころが多く、全くの杞憂だった。結局、昼ご飯も食べずに4時間近く、夢中で展示を眺めていた。九州という土地柄か、中国や朝鮮との交流の歴史や文化の影響が学べる内容で、貿易関係の文化財やアジア各国から集めたコレクションなどがあり、とても興味深かった。

 

f:id:mimosapudicaseeds:20181011064023j:plain

f:id:mimosapudicaseeds:20181011062728j:plain

体験型展示も充実していて、こちらは親子連れでにぎわっていた。アジアを体感するというコンセプトで、各国の民族衣装を借りたり、おもちゃを使って遊ぶことが出来る。わたしも、銅鑼をたたいたり、竹の楽器で「メリーさんの羊」を演奏したりと子どもたちに混ざって満喫した。童心に返るとは、まさにこのことかもしれない。

思いもよらなかった楽しみがみつかることも旅の醍醐味である。

次回につづく…。