MY MINORITY

不器用ですが暇つぶしになれば。ちょっと情緒不安定な東大生

誰かのために死ぬなら自分のために生きる

 ここに来て、ずっとセクシャリティーのことで悩んでいる。ブログを始めたときに書いた文章『MYマイノリティー宣言』を見返すと、今となっては同意できない言葉が載っている。マイノリティーがあるが故の苦労を、貴重な経験として昇華し、人生の原動力に出来たら、本当に幸せなことだと思う。そのときはそう思っていた。

 

 でも、もしマジョリティーであれば、味わうことがなかった苦しみを受けることに、肯定的な意味を見出すことが出来なくなってきた。他人の人生を代わりに生きることは不可能だけど、そういう選択肢があるのなら、今のままを望む確信はない。

 

 もちろん、苦しみの全てが無駄だったとは思っていない。勉強にも人間関係にも間違いなく生かされたし、セクシャルマイノリティーについて具体的に行動を実行したこともあるし、これからもマイノリティーとしての視点を大切にしていくつもりだ。

 

 問題は、それが積極的に生きる意志に繋がらなくなってきたということにある。自分がマイノリティーでなければ、そんな活動なんてやっていないだろうし、活動が苦しみを凌駕するほど楽しいわけでもない。ましてや、マイノリティーでよかったとは絶対に言えない。

 

 こういうことを毎日、堂々巡りで考えている。しかし、やらなければならないこともたくさんあり、いつまでも悩んでいるわけにもいかない。しょうがいないので、朝に扉を開けて外に出てから、夜に帰宅して扉を閉めるまでの間は、そのことを考えないように過ごしている。目的意識を持って、効率よく課題をこなしていく。とにかく集中して取り組んで、脳の片隅に追いやってしまうのだ。休む時間も必要だから、夜はゆっくり過ごす。そうすると、悩みや苦しみが顔を出してきて、気持ちをコントロールすることが出来なくなる。朝も朝で、はっきりとした気持ちの切り替えが難しいが、引きずってばかりもいられないので、家を出る時には振り切ってしまう。憂鬱な時間が毎日繰り返されていく。

 

 ただ、これだけ悩んでいると有益な発見もあった。悩むといっても、2つのパターンしかないことに気づいた。第一は、過去や変更不可能なことに対する落胆や怒り。もう一つは、本当にやりたいことははっきりしているけれども、社会的な要因を考えると踏ん切りがつかず、逡巡することだ。前者については、完全に考えないようにすることは難しいけれど、あまり生産的ではない。後者の悩みを掘り下げると、何かを論理的に考えた上で、結論を探るものではなくて、むしろ答えが先に存在していて、行動に起こす勇気が持てずに、出来ない理由を探している気さえする。何か行動を起こすこと、何かを変化させることには、必ずリスクを伴うのだから。

 

 だからといって、周囲の視線や規範を気にして、自分の意思に反することを行い続けるだけの人生は、考えるまでもなく楽しくなさそうだ。それだったら、やりたいことをやりたいという気持ちもある。やりたいことをやるには、必ずリスクがある。それでも、リスクも承知の上で、自分で引き受けることに挑戦するだけの価値はあるのではないか。受け身で後悔に満ちた人生よりも、主体的でリスクと隣り合わせの人生を選びたい。

 

 さっきから、リスク、リスクと繰り返しているが、それは、せいぜい侮蔑されるとか爪はじきにされるとか就職できないとかいったことで、刺されたりするわけではない。自分が精神的に追い詰められることはありうるが、それはそれでいいんじゃないかなと思う。どうせ今でも飛び降りてしまう可能性もあるし、どっちみち人間はいつか死ぬのだから、やりたいことをやってから、どうするか決めればいいだけの話だ。

 

 それに、環境も味方してくれるはずだ。休学前は、誰にもセクシャリティーのことを打ち明けられず、相談することさえ出来なかった。それに比べれば、サポートしてくれる友達も先生もいる。どこまで本心なのかは分からないけれど、見捨てられないと信じてみたい。

 

 生きる目的は、社会の規範を守るためでも、他人の期待に応えるためでもなくて、全て自分のためで、それを実現できるように生きていたい。

 

 とかいって、些細な言葉に傷ついたり、他人に都合よく使われたり、苦しみから逃れる安直な方法に逃げようとすることが、無くなるわけではない。決意が揺らぐことも絶えないだろう。そういう時は、いつも通りブログにぐちぐちと思いのたけを書きまくることにしておく。それでいいと思う。

 

 自分のために生きる。これが当面の生きる方針だ。