MY MINORITY

不器用ですが暇つぶしになれば。ちょっと情緒不安定な東大生

50記事達成とおすすめ過去記事8選

 ようやく50記事に達しました。読んでくださる方がいることは本当にありがたいです。あたらめて感謝します。ただ、毎日投稿することにこだわりすぎて、満足いかない出来のまま投稿してしまったものもあります。また、様々なジャンルを一緒くたに書いているので、後から見返すと、どの記事に何が書いてあるのか分かりづらくなってしまっいました。この状態を解消するために、ゆくゆくは、記事のリライトとカテゴライズをする予定です。とりあえず今回は、ここまでの記事の中で上手く書けた(と思っている)ものを紹介します。

 

<考えたこと>

ある文学作品を読んで、実践したことの記録。感情や思考に色が付いているわけではなく、ネガティブがよくないと決めつけているのは人間の価値判断で、どんな苦しみも少しずつ変わっていくことを知りました。

 

この記事も、先ほどの記事同様に考えたことの記録。雪がなくなっていく寂しさから、人間もいずれ死ぬということを考えました。仏教でいうところの諸行無常の意味が少しわかった気がします。

 

神様が今すぐ私を助けてくれることを切実に求めていましたが、現実はなかなか厳しく、信じられる教えは見つかりませんでした。それでも、自分の生を肯定してくれるものを作り上げて信じることも悪くないかなと思えました。

 

作文がとても苦手だったのに、今やブログで好き好んで文章を書くようなった経緯について。本心を自由に表現できるということが、いかに素晴らしいか、そのありがたみを噛みしめています。

 

<大学受験>
勉強至上主義ともいえる状態に陥り、休憩しているときも不安に感じるようになっていました。休んだり遊んだりすることに罪悪感を覚える人は少なくないのではないかと思いました。

 

基本的に他人に何かを勧めることはしません。東大に合格してもハッピーになれるわけではありません。けれども、どうせ無理だと思って諦めることほどもったいないことはないので、この記事を投稿しました。勉強法についても、需要があればいつか書きたいです。

 

<体験談>
これを読むと、自分がいかに嫌な性格が思い知らされます。自分は何もせず、口だけなくせに、本気を出せばもっとやれると考えていました。たとえ不格好で恥ずかしくても、実際にやってみることを大切にしたいです。

 

高校時代の懐かしい思い出です。学校では辛いこともあったけれど、こういう楽しい出会いもありました。なにごとも少しのきっかけで大きく変わりますね。

 


長くなってしまいました。次の目標は、100記事ですかね。これからも、ゆったりと更新を続けるので、お読みいただけると幸いです。それでは、また。