MY MINORITY

不器用ですが暇つぶしになれば。ちょっと情緒不安定な東大生

ブログに批判をいただきました

 本ブログに対する批判を頂戴しました。正確にいえば、ブログの記事についての批判的なコメントをインターネット上で見つけました。今回はそのことに対する感想とこれからの方向性について書きます。

 

 まず感じたのは「仕方がない」のかなということです。おかげさまで、メンヘラ.jpへの掲載以降、アクセスが増えました。記事が多くの人の目に触れられた結果、肯定的な反応を寄せてくださる方が出てきた一方で、一部の方には否定的な気持ちを抱かせることになりました。何かを発信する以上、全ての人を満足させることは困難です。このブログは私自身のネガティブな性格や過去の経験を綴っており、なおさら物議を醸しうる内容だと思います。その意味で、批判的なコメントをされる方がいるのも仕方がないと感じました。

 

 その上で、コメントをじっくり拝見しました。コメントの詳細な紹介は控えます。が、被害妄想が激しいという指摘は尤もであり、確かに反省が必要だと思います。けれども、私の人格や将来性を決めつける部分は、納得出来ませんでした。と同時に、記事の趣旨がうまく伝わっていないとも感じました。正直、最初は批判されたことで感情的になっていたのですが、コメントの中には私の課題を発見させてくれる要素もありました。だからこそ、もっと分かりやすく、より多くの人の役に立つ記事を書いていきたいと気持ちを新たにしました。

 

 そして、このブログをご覧になっている画面の向こうの皆様の存在も忘れてはならないと再認識しました。どういう動機でお読みいただいているのかはわかりませんが、ブログが誰かの役に立っていると信じ、ブログを続けます。感性が他の人と異なっていても、被害妄想を持っていても、生きづらさを抱えていても、肯定できる世界を作ることに微力ながら貢献していきます。サイト名で少数派を標榜する以上、多数派の価値観による批判に屈することは許されないでしょう。みなさんの存在が支えになっています。いつもありがとうございます。今回もお読みいただきありがとうございました。