MY MINORITY

不器用ですが暇つぶしになれば。ちょっと情緒不安定な東大生

Xジェンダーって何?トランス仲間だと思えなかった私

 ※Xジェンダーに対する差別的な回想が含まれています。現在の私の考えではないことをご了承ください。

[追記]性自認の揺らぎについての考察を記事にしました。こちらは、論文をもとに肯定的に考察していますので、よければこちらもご覧ください。

myminority.hatenablog.com

 Xジェンダーの存在を知ったのは、LGBTQのコミュニティーに出入りするようになってからだ。両性とも中性とも無性とも不定性とも説明を受けたが、トランスジェンダーを自認する私からみても理解できなかったし、ましてや同じカテゴリーで括られることは不快だとも思った。せっかく性同一性障害という言葉が一般にも広まってきたのに、一時の気の迷いで、これまでのトランスジェンダー像を破壊するような真似はやめてほしいとさえ思った。当時は、どんなセクシャリティーの人も差別してはいけないとコミュニティーの責任者に言われていたので、何も言わなかったが、付き合いづらさは感じていた。なぜそのように感じていたか、少し振り返ってみようと思う。

 

 一つは、男女二元論に反していると思ったからだ。私は女性として生きていきたいのであって、既存の性秩序をぶち壊したいとは思っていなかったし、男女という性別の枠組みそれ自体を否定する気は毛頭なかった。社会に2つのグループがあるとすれば、何らかの手違いで間違ったグループに所属させられているので、もう1つのグループに移りたいと思っていたということ、ただそれだけだ。しかも、これは気持ちの問題ではなく、脳の問題で科学的にも説明されているので、周りの人はそれを受け入れてあげようという話だ。また、性別適合手術を受け、戸籍を変更してしまえば「普通」の人である。それでも嫌悪感を抱く人はいるだろうが、既存の社会にほとんどダメージを与えないという点で、受け入れられやすいのではないかと思っていた。ところが、Xジェンダーは、いわば、どちらのグループにも属したくない、両方に属したい、時期によって異なるなど、わがままでかつ今の社会のありかたに文句をつけているように感じられた。しかも、Xを標榜する以上、いつまでたっても「普通」の男女になることはない。本当は男になりたいのか女になりたいのかどっちなのかと聞きたかったが、直接聞けば怒られそうで、何も言えなかった。性同一性障害と違って医学的な根拠もないので、個人の気持ちの持ちようなのではないかという思いも拭えなかった。だから、こんな人たちと性同一性障害である私が一緒くたにされたくないというのが正直な感想だった。

 

 性自認の揺らぎもかなり癪に障っていた。Xジェンダーを自称する友人は、日によって性自認が変わると表現していた。ある日は「男性8割女性2割」であり、あくる日は「男性4割女性6割」であるという。悪い冗談のようにさえ思えた。性自認が揺るがないからこそ、生まれたときの性別に苦しんでいるのに、毎日コロコロ変わるというのは馬鹿にされているようにも思える。XもXの苦労があると今なら推測できるが、そんな簡単に性自認が変わるのならば、性別違和の葛藤も少ないだろうし、結局は気分次第ではないかと思った。

 

 そして、なによりもXジェンダーはトランスに不真面目であるという怒りが湧いた。FtXが一人称に「ぼく」を使うのも、MtXが化粧するのも、周りとは違う自分をアピールしたり、女装ごっこにいそしんだりと、性同一性障害者の実践する性別移行とはかけ離れた「遊び」に過ぎないという確信をもっていた。性同一性障害の苦しみも知らず、その時々の気分に応じて、遊び感覚でトランスごっこをする人たち、これがXジェンダーなのだと歪んだ定義をし、心の中で差別していた。この考えは少しずつ変わっていき、現在の私の考えとは全くの別物だ。だけれど、かつてこのように考えたことは決して忘れてはならないと思い、ここに白状した。気分を悪くされた方がいれば、本当に申し訳ない。

 

 ただ、これほど露骨ではなくても、Xジェンダーに対して懐疑的なトランスジェンダーの人々は存在すると思う。性自認という同じ属性に関する仲間であるからこそ、同族嫌悪や内部対立が生まれるのだろうか。トランスジェンダーという言葉でひとくくりにされたとき、内部の差異は見過ごされがちだ。そこには、私のような性同一性障害者もいるし、Xジェンダーの人もいるし、異性装を主目的で楽しむ人もいる。私に結論めいたことを言う資格があるのなら、マイノリティーとして、連帯しながらも、差異を忘れずに、個別の問題を取り扱っていくこと、内部の差別構造に向き合うことが求められるだろう。